読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

codic-vim 用の unite.vim ソースを書いた

codic-vim-with-unite は deprecated になりました.unite-codic.vim に移行をお願いします.

ソフトウェア開発者用の辞書サービス Codic の辞書を Vim から使える codic-vim が公開されました. 日本語で単語を指定すると,それに近い英単語を一覧で出してくれます.単語のチョイスが開発者向けで,プログラム中でクラスや変数の名前に困ったときに使えます.

便利だったので,unite.vim で絞り込んでその場でカーソル下にワードを挿入できたら便利だろうと思って codic-vim 用の unite ソースを書きました. このために codic-vimAPI に対応を入れてもらったりしました(kaoriya さん,ありがとうございます).

rhysd/unite-codic.vim

:Unite codic で起動したあと,気になる単語を入力するとリアルタイムに検索されて候補が表示されます. 半角スペースを入れた後にワードを入れるとそのワードで絞りこまれ,候補を選択すると選択したワードがカーソル下に挿入されます.

screenshot

表示される候補の数はデフォルトで 100 ですが,:Unite codic:1000 のように引数を与えたり,変数を設定することで変更可能です.

プログラミングしているときに名前で困ることが結構あるので,参考にしていきたいと思います.